低金利のカードローンとは

カードローンは金利の安い会社で借りた方がお得です。

カードローンは急にお金が必要になった時に頼りになる存在です。
借りたお金の使い道は自由で運転免許証などの本人確認書類だけで申し込みをすることが出来ます。

ただカードローンは貯金ではなく借金なので返すときには金利をつけてお金を返す必要があります。

金利は他の住宅や教育ローン比べると高めで借りた金額が大きかったり返済期間が長くなると金利の負担が大きくのしかかってくるので注意が必要です。
特に消費者金融のカードローンの金利は高めに設定されています。

50万円以下の限度額で借入をした場合は利息制限法の上限金利が適用されるケースがほとんどです。

それに比べて銀行カードローンは金利が安く設定されている会社が多いです。
消費者金融と比べても5〜8%違う会社が多くあり返済のことを考えると銀行で借りた方が返済する時の負担が減ってお得です。

ただ銀行は審査が厳しいのと実際に借入が出来るまでに時間が掛かるのが難点だと言われています。

どんなに金利が安くても審査に通過しなければお金を借りることは出来ないので審査に通過できない人は消費者金融から借りた方が良い場合もあります。

高金利でカードローンを利用してしまっている場合は低金利のカードローンに借り換えする事をオススメします。借り換えで計画的な返済を!